競艇オフィシャルサイトの番組表、結果データをエクセルデータへ変換するVBAマクロなど、競艇データ分析に役立つエクセルVBAマクロを開発しています。

1.2 使い方

1. 使い方 概要

エクセルを立ち上げた後、「Home」シートにある各タブをクリックすることで、開催レース1日毎、1年分一括のデータを変換することができます。
変換作業の前に、番組表、結果データの準備が必要となります。
番組表、結果データの準備については、「2. 競艇データダウンロードマクロ」をご参照下さい。

2. 使い方 詳細

変換マクロType1、Type2ともに同じ操作方法となります。

Step1:エクセルを立ち上げます。

KT_data_CNV_Type1.xlsm or KT_data_CNV_Type2.xlsm

Step2:マクロを有効化して下さい。

エクセルのバージョンによっては、「コンテンツの有効化」をクリックしてください。

 

Step3:ライセンスキーを登録して下さい。(半角モードで入力)

ここで登録しない場合、試用版として機能します。
試用期間は、14日間です。
試用版では、1日毎のデータ変換と、2002年分の一括変換機能のみ利用できます。

Step4:1日分のデータ変換方法について

(1) 「①番組表データ読み込み」をクリック→変換したいテキストデータを選択して下さい。
※1. データ準備については、「2. 競艇データダウンロードマクロ」の使い方をご参照下さい。
※2. 2002年1月1日の場合、「B020101.TXT」を選択して下さい。

(2) 「②結果データ読み込み」をクリック して下さい。※(1)と同じ日付けのデータを選択して下さい。

ここまでの操作で1日分のデータ変換は完了です。
新たにデータを変換したい場合は(1)~(2)を繰り返して下さい。
追加データ分は、前回データの後ろに追加されていきます。

Step5:1年分のデータ変換について

(1) マクロ実行時間が長くなるため、コンピュータがスリープ状態になる設定を変更します。
「コントロールパネル」→「電源オプション」→「コンピュータがスリープ状態になる時間」
→「バッテリ駆動」、「電源に接続」の両方とも「なし」を選択して下さい。

(2) 変換したい年次のタブをクリックして下さい。
変換終了後は、ファイル名を変更して保存して下さい。

※1. ユーザーフォームに進捗状況、終了時のコメントが表示されます。
※2. 中断したい場合は、キーボードの「Esc」ボタンをクリックして下さい。
※3. 実行中は、エクセル上の操作、他ソフトの操作をせず、終了するまでお待ち下さい。
※4. 1年分データ変換後のエクセルファイル容量は、およそ40~70MBとなります。

 

 3. 1年分データ変換の所用時間について

PCの性能にもよりますが、以下スペックで約1時間掛かりました。
ご使用の際の目安にしてください。

動作確認PC
OS     :Windows 7 Professional
CPU   :Intel Core i5-3210M @ 2.5GHz
メモリ:8GB
Excel :2007

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP